eCOM-8のコンセプト
時速19km/hでゆっくりと走行
我々が提案するのは、時速19kmという低速の10人乗りの電気自動車です。自動車の衝突危険性は時速の2乗に比例します。19km/hの速度は、歩く人や自転車を怖がらせない速度であり、商店街や観光地に向いています。同時に、地域の交通需要は、スピードではなく、安さと確かさです。過疎の地域にも公共交通を保証したいと考えるとき、極めて経済的な車両開発が可能で安全性も高いeCOM-8は大変魅力的です。
生活圏の移動をきめ細かくサポート
商店街、観光地などの比較的狭い生活圏においては、「いつでも・どこでも・ちょっとだけ」という、超オンデマンドな公共交通が求められます。従来のガソリン車がもっとも苦手とする非効率な短距離移動を、クリーンに、しかも徒歩と変わらぬ「待ち時間なし」で実現できるのが、小型で低速のE-コミバスです。
環境配慮型の地域交通
多くの商店街や観光地では、街の活性化が求められる一方で、通過交通の増加や、渋滞、それによる公共交通の沈滞、排気ガス被害などが問題となっています。このような全国どこにでも見られる地域の状況のもとでマイカーを少しでも減らし、かゆい所に手が届くような地域交通を実現するという課題に対しては、小型で低速のE-コミバスは大きな効果を発揮します。2010年に桐生市で実施された「時速20Km走行実験」においても、低速それ自体が交通渋滞を引き起こす原因ではないことが確認されました。

運行イメージ

Pagetop

一般社団法人蓄電型地域交通推進協会

〒938-0282
富山県黒部市宇奈月温泉633-1
LENS株式会社内
E-mail:info@fortes.jp

Copyright 一般社団法人蓄電型地域交通推進協会 All Rights Reserved.